ようこそ舟小屋へ!

 

舟小屋とはYURAIのウタ「いのちのしま」♪

を唄い舞うためのエクササイズです

 

唄や踊りは私たちがどんな日常を過ごすか...

どのような習慣を持つか...

 

そういう要素がとても大切です

 

スタイルがいいとか子供の頃から踊っているとか

運動神経がいいとか

 

そういうことではなく

 

どんな風に生きているか

 

それが唄や踊りそのものだからです

 

舟小屋のエクササイズは私達の日々の習慣を

無理せず・心地よく・自然に

 

唄や踊りが暮らしにつながっている

そんな人生の習慣へと私達を誘います

Welcome to FUNAGUYA!!

 

FUNAGUYA is the exercise for dancing of YURAI’s tune "Sprit Island"

 

To song and dance depend on how we spend our life day by day...

what kind of habit we have... those elements are very important.

 

Nice looking, dance experience from childhood,

 talented person or not...That is not a critical.

How you live on daily life

That is to song and dance themselves substantially.

 

Excercise of FUNAGUYA will be your navigator that the song and dancing

are getting connected to your daily life reasonbly, comfortably and naturally.

舟小屋 Funaguya Camp 2019 Scedule →
Videograph by Masato Higa, Ema

むかし…

 

人々の往来は、陸より海の方が盛んだった。

海には潮のミチがあり、人々はそれを読んで往来した。

 

海の水のかさが増して、大陸が沈み、山々は島々とうつろった。

そして、人々はますます海を往来した。

舟という乗り物は、

人や植物、動物…たくさんのイノチを運ぶ。

 

舟は、海を渡る民族にとって聖なる大切な存在だ。

だから...「舟を造る」というしごとを人々が行うときは、

心をこめ、森羅万象と対話した。

 

そのたびごとに、祈り、唄い、踊った。

航海する舟の行方を祝福した。

 

そして、その智慧を

人々は、記憶する。

 

海の民が旅をした長い物語の中に、

私達も存在している。

 

この旅の物語を、忘れたくない。

彼らはどうやって、対話したの?

 

大地や森や川や海、そして、星々と。

クジラや、渡り鳥や、蝶々たちと。

 

この星にはたくさんの歌や踊りが存在する

この地球上に散らばる民族のまつりの中に

 

そのイトナミは残された

そのヒミツは記された

唄や踊りは祈りや対話であり

イノチを寿ぐものだから

 

舟小屋とは…

 

エクササイズしながら自然と、古来の唄や多様なリズムに、

カラダがリンクしてくる…

 

「上手い・下手」を超えた、ひとりひとりの在りよう。

そんなレッスン体系を主体とした回遊型のダンス・ワークショップです。

 

人生を航海しよう。

感性をフルに使って。

唄い舞った日々を思い出そう。

身体のパーツにその記憶はある。

ナビゲートは、自分自身でするもの。

 

あなたの体幹は、あなたという舟の、

屋台骨であるように。

Ancient...

 

People's way of transportation,

The sea was more prosperous than land.

 

There is "Path" of the tide in the sea.

People followed and went back and forth.

The volume of the sea water increased.

The continent sank, and the mountains were changing to the islands.

 

And people came and went back and forth more and more in the sea.

They chanted blessings the whereabouts of the voyage.

 

Their vehicle called the boat was,

Human being, plants, animals...carrying lots of lives.

 

The boat was sacred and important existence for races across the sea.

 

Therefore ... "To build a boat"

When people performed the work, the people talked

to all things in the nature with sincere gratitude.

 

Every each moment,People prayed sang and danced,

And chanted blessings the whereabouts of the voyage.

 

Then people memorized the wisdom of its daily celebration.

 

In the lyric poetry that the human of the sea was traveling over the ocean,

and all around the earth, we are also existing.

I do not want to forget the story of this traveling journey.

 

How did they interact, and connect?

With the earth, forest, river, the sea, and with the stars?

With whales, migratory birds and butterflies?

 

There are many songs and dances around the world.

 

Those styles have been remained, and the secrets of those have been inscribed

into the daily celebration of various races on the earth.

 

Singing and dancing are prayer and dialogues,

Also simultaneously, those signify the blessings of all lives respectfully.

舟小屋 Funaguya Camp 2019 Scedule → Videograph by Masato Higa, Ema
舟小屋 Funaguya Camp 2019 Scedule →
Videograph by Masato Higa, Ema
舟小屋 Funaguya Camp 2019 Scedule →
Videograph by Masato Higa, Ema
舟小屋 Funaguya Camp 2019 Scedule →
Videograph by Masato Higa, Ema
舟小屋 Funaguya Camp 2019 Scedule →
Videograph by Masato Higa, Ema
舟小屋 Funaguya Camp 2019 Scedule → Videograph by Masato Higa, Ema
舟小屋 Funaguya Camp 2019 Scedule → Videograph by Masato Higa, Ema